lineup

出演アーティスト

MADE IN HEPBURN

福岡で突如頭角を現したバンド『MADE IN HEPBURN』。メンバーは楽器屋、ハンモックカフェ店長、某大手IT企業社員、ラジオディレクターという異色の6人組。
2017年夏に投下されたシングル「Malibu」が 配信限定にも関わらず各地でスマッシュヒット。当初掲げていた「シカゴから来日した設定」が多方面で物議を醸す。2017年冬にはメンバーがハンドメイドで制作したEP「YELLOW」を全国のタワーレコード限定にてリリース。
明けて2018年、新曲「Yellow」のデジタル配信スタートとともに、Spincoasterが選ぶ『NEXT COMING2018』にピックアップ。
さらに、福岡パルコと美女図鑑によるコラボ企画「#パルコ好きと繋がりたい」のキャンペーンソングとしても使用された楽曲『Now and then』を、福岡のシンセポップバンドCOLTECOがリミックス。バイリンガルマガジン『Wooly』の協力の下、HMV&BOOKS HAKATA限定にてカセットシングルとしてリリースされ完売。同曲はLute Musicにもピックアップされた。
2018年現在、メンバーは福岡市のミナトエリアを中心に、憧れの地シカゴに思いを馳せながら、主にお気に入りのインドカレー店「グローリー」で暇を潰している。
 
《メンバー構成》
MryM (Syn.vo.)、Goe (Bass)、三代目J”SHO-DAI (Drum)、 ジェフ・タクミ(Gu.piano)、HSN Gorilla (Gu)、moneYNomura(空間デザイナー,DJ)