I Don’t Like Mondays.

2012年、表参道で結成。2014年、日本コロムビアよりメジャーデビュー。

略記は「IDLMs」、愛称は「アイドラ」。

 

とことんポップで、一度聴いたら忘れられないキャッチーなメロディをベースに、ROCK・EDM・FUNK・ディスコミュージック・80’sをミックスさせたIDLMsの音楽。聴く人の心を自然と躍らせる彼らの奏でるサウンドは、日本に今までありそうでなかった、まさに”最先端のJ-POP”!!

結成当初から、”流行に敏感なオシャレな女の子を躍らせる”ことをメインに掲げ、見た目からは全く想像できない洗練された音づくりはサウンドに厳しい音楽マニアたちからも評価されている。

業界内でも徐々に話題沸騰中で、俳優の斉藤工・w-inds.の橘慶太を始め、サザンオールスターズの桑田佳祐には「2015邦楽ベストシングル20」として1stシングル”Super Special”が選ばれた他、グラミー賞受賞プロデューサーのマーク・ロンソンにも絶賛されるなど、耳の肥えた音楽人からの評価も絶えない。

1stアルバム”TOKYO”発売時には、ラジオ各局でのパワープレイを獲得し、関東圏のラジオで最多のオンエア数を記録した。

2015年10月渋谷WWWで開催された初のワンマンライブ、2016年3月渋谷クラブクアトロで行われた2ndワンマンライブはどちらも即日ソールドアウト。その勢いはとどまることは知らず、2016年10月には全国を巡る初のワンマンツアーを決行する。(ツアーファイナルはZepp Divercity TOKYO。)

海外でのライブやイベントにも積極的に出演を重ね、インドネシア・ジャカルタで約6万人が集まった音楽フェスティバル「Hai Day」、台湾で開催された「Tokyo Crazy Kawaii Taipei」、そしてタイ最大の野外音楽フェス「Big Mountain Music Festival7」など、日本を飛び出し、海外でも音楽ファンを躍らせている。

 

「仲間との時間をよりハッピーに」「勝負デートを成功させる♡」

そんな特別な時間をより特別なものにするポジティブな曲調とメッセージで、今の日本の音楽シーンに新しいポップさとグルーヴを生み出している。

 

彼らの根底にある『何事も「カッコよければいい」。自分たちが飽きるものはやらない。』といった姿勢は、日本の音楽シーンのあり方を大きく覆していくだろう。

アーティストのイメージを形作るのは音楽だけでなく、ビジュアルなど全ての要素が混ざり合っていることを熟知した上でのIDLMsのセルフプロデュースは、作詞作曲にとどまらず、ライブ演出やジャケット写真・Music Videoのコンセプト選定から編集作業に至るまで制作に携わる。また、自らのファッションやライブグッズのデザインにも惜しみなく労力を注ぎ込む。

その最たるものが、ファッション業界とのコラボレーションだ。自身のオリジナルブランド「IDLMs. by I Don’t Like Mondays.」を2015 年春に設立。一流メゾン出身のパタンナーと共同で型から作り起こし、素材もこだわったT シャツ等、クラシックでありながら、おしゃれで、そしてどこか遊びのある、彼らならではのセレクションを取りそろえている。彼らの手がけたアイテムは、2015 年4 月コンセプトショップ [ And A ] で全国店舗での販売が行われるなど、話題を呼んだ。

さらに、世界的ファッションディレクターである山本寛斎がイベントプロデュースを担った「日本元気プロジェクト 2015スーパーエネルギー!!」へモデルとして参加、世界的ファッションフォトグラファーLeslie Keeによるビジュアル撮影、ハイブランドとして名高いDsquared2のスタイリング協力など新人アーティストとしては異例のファッション業界との繋がりを持つ。また、Leslie Keeが初監督を務めIDLMsがオリジナルサウンドトラックを担当したヨウジヤマモトのショートフィルム「THE INDEPENDENTS」は、世界最大のファッションフィルムフェスティバル”ASVOFF 2015”にてコンペティション作品に選出された。

ミュージシャンの枠に収まらない彼らのカリスマ的存在感は、世界のトップを走るファッショニスタをも魅了する。

 

そんな貪欲なまでの彼らの”カッコいい”を追求するスタンスは、商業音楽にまみれた日本の音楽業界に一石を投じようとしている。海外のトレンドを常に見極め、日本の常識よりも一歩先を行くI Don’t Like Mondays.はJ-POPを新たなステージへと導く。

彼らの目指す先はKING OF J-POP!

音楽も見た目も中身も、全てが完璧であることこそが真のカッコいい男だと言わんばかりの彼らに、今後も目が離せない…!!

Shimokitazawa SOUND CRUISING 2017
2017/05/27
DAY / open13:00 start14:00 close22:00(予定)
NIGHT / open23:00 start23:30 close05:00(予定)

GARDEN / SHELTER / ERA / THREE / BASEMENT BAR / ReG / ReG CAFE / LIVEHOLIC / Music Bar ROCKAHOLIC / MOSAiC / 下北沢 近松 / WAVER / Daisy Bar / FEVER / THREE / 風知空知 / Mona Records

主催
下北沢サウンドクルージンク実行委員会
( TOWER RECORDS / HIP LAND MUSIC / チケットぴあ / THISTIME )

企画制作
TOWER RECORDS / THISTIME

キービジュアル
BRIDGE SHIP HOUSE ( http://www.bridge17.com )

お問い合わせ先
DISKGARAGE 050-5533-0088 ( 平日12:00~19:00 )